さて昨日のサムスンとの練習試合で4安打を放った江越。1番センターに2試合続けて置いた首脳陣の期待に見事に応えた形となりました。

2安打目のレフトへのポテンヒットは相手守備の判断の悪さに助けられたようなものでしたが、追い込まれての低め変化球を巧く拾えるなど実戦向きな一面も見せました。さすがに開幕センタースタメンは無いと思いますが、開幕一軍をぐっと引き寄せる活躍。今後の更なるアピールに期待しましょう。

さて私期待の中谷。打席での雰囲気はあるのですが、いかんせん対応力が悪すぎます。変化球に全くタイミングが合わず、せっかくのスイングも宝の持ち腐れ。アピールすべき守備でもせっかくの強肩を披露するバックホームの場面で引っ掛かりすぎて2バウンドさせてしまうようではプロの技とは言えません。江越同様に一軍で勝負…というレベルではなく、まだまだ二軍で練習すべき事が山積してます。何とか生え抜きの長距離砲としてブレイクしてほしいのですが、一二三同様、ドラフト上位で獲得した高校生野手が同学年の大卒野手に負けているようでは話になりません。

江越同様に良かったのは北條。ボールを引き付けての鋭いスイングが出来ているからか低めやアウトコースの見極めは若手随一。スイングにも年々力強さが増し守備でも無難にショートをこなしています。このまま順調に成長していずれは大引や梵のような玄人受けするような選手に育ってもらいましょう。

投手陣は岩貞、秋山、桑原、歳内、山本が登板しましたが、正直どれもパッとしませんでしたね。岩貞や秋山は時々見所のあるボールを投げはするものの全体的には今ひとつ。岩貞に至っては相手四番から逃げまくりの投球には呆れるばかりでした。二人ともボールひとつひとつには良い物は持っているだけにコントロールやキレ、あとちょっとでブレイクしそうなだけに歯がゆさだけの残る登板でした。

去年初勝利の歳内。ストレートにも力強さが増して一皮剥けた印象でしたが昨日は最悪。ストレートは走らず変化球も決まらず高めに浮く状態でしたが、毎年春先には全く調子を上げてこない選手なのでもう少し様子見ですね。貴重な戦力には間違いありませんから。

白仁田とのトレードでやってきた桑原。サイドからシュート気味のストレートとスライダーで基本的には右のワンポイント的な選手という印象。問題なのはこの桑原と比べて同じタイプの石崎がどれだけ上か?という所。ストレートの球威に変化球の種類や特色、良い比較対象でしょう。

山本は普通。普通の二軍の投手。二軍ではそれなりに抑えれるけど一軍の打者を抑えるイメージが全く持てません。年齢も年齢なのでプロで生きる道として完全に左殺しに狙いを定め、更に腕を下げてのサイドにするしか無いと思います。

そういえば心配なのは陽川。一塁線の鋭い打球に反応良く飛びついて捕球するまでは良かったのですが、その際に亜脱臼してしまいの負傷交代。これから開幕一軍目指してのアピールすべき所での怪我は残念でなりません。しかしプロの選手として要所で怪我をする選手は大成しないのも事実。ダイビングしたくらいで怪我をしていたらとても一軍の長丁場は戦えません。せめて軽症で即二軍行きなんてならないことを祈りましょう。