Google MapsのAPIを使って遊んでいてふと気がついた。
日本でGoogle Mapsが、あまり驚かれない理由を。
Geekの間では話題になるけど、多くの人はちょっと遊んでお終い。


 何故かと言えば、日本では車だけで移動する事が少ないからだ。
車で全部移動するより、電車・バス・地下鉄を組み合わせたほうが、
大抵の場合、早くて正確だ。
地方に住む人はそんなこと無いぜと言うと思うが、
そもそも地方には観光地を除き、地図を使って移動する事は少ない。


 ひるがえってアメリカは、移動の手段は基本的に車。
レストランの案内も、High Way 101のSand Hillを出てどこそことか。
間違っても、CaltrainのPalo Alto駅を降りて徒歩何分とは書いていない。
家から目的地までの道路情報を示すGoogle Mapsがぴったりだ。


 Yahoo Driving Directionsというサービスも古くからあるけど、
Google MapsのようにAPIを提供することに熱心ではない。
多くの人が使うものに、自分の創意工夫を加えて提供できるのならば、
Geek達にとってこんなに楽しいものは無い。
で、さらに便利で面白い物ができる。


 日本での交通手段は、九段下で乗り換えて赤坂見附で下車、徒歩1分とか。
今のYahooで充分なわけだ。わざわざGoogle Mapsを使うこともない。
で、どんどんサービスが生まれるということも無い。
#日本でもGoogle Mapsを活用したサービスが出てきているのは知っているが、
 やはりアメリカに較べると、質・量とも劣るように思える。


 という訳で、電車や地下鉄情報も扱ってくれませんかね。
Googleさん。